FXはシステムトレードであっても税金の申告をするべき

9月 10th, 2014 by

サラリーマンの場合は給料から税金分は源泉徴収されます。FXのような投資で儲けた収益に対する税金は、自分で税務署に申告する必要があります。これは裁量トレードであっても、自動売買のようなシステムトレードであっても同様です。

毎年2月15日から3月15日までが確定申告の期間なので、その間に申告用紙に必要事項を記入して税務署に提出するのです。FXで得た収益は申告分離課税が適用されるため、収益額の大小にかかわらず一律20パーセントの税率になっています。

1年間で100万円の収益があった場合、20万円を税金として収めることになります。これは収益があった場合で、年間のトータルで損失が出た場合は税金を納める必要はないのです。

しかし、損失が出ても税務署に確定申告した方がいいのです。なぜかというと、損失の繰り越しが3年間認められるからです。これもシステムトレードも同じですね。

例えば昨年100万円損したとします。今年は50万円儲けたとします。しかし昨年の損失分を繰り越しできるので、50万円の損失ということになります。つまり今年の50万円の収益について税金を払わなくてもよくなるのです。

FXでは損失を出した場合でも確定申告すべきなのです。FX システムトレード

EUの省エネ計画

1月 19th, 2010 by

EUが打ち出した省エネルギー行動計画は、各加盟国は10年内に5分の1のエネルギーを節約する目標を実現するようと提案した。この計画を実行できれば、各加盟国に200万個の仕事機会を作れる。しかし、伝統のエネルギー関係者はきっと強烈な抗議を打ち出して、激烈な政治論争を誘発するかもしれない。

EUの目標は1500万基の建物について環境保護のある装飾を行い、それによって20%の省エネルギー目標を達成する。もしこの計画を実行するならば、数10億ユーロは不動産開発商の手に入る。伝統のエネルギー供給商の業務額はそれによって11%滑り落ちる。省エネルギー行動計画は2大目標がある。ひとつ目はEUを協力して二酸化炭素の排出を減らして、気候変動の脅しを対処する。二つ目は境外から輸入する石油と天然ガスにかかる数10億ユーロの支出を節約する。この方案の中で、“EU委員会はヨーロッパ投資銀行による出資援助のもとで、ヨーロッパ建築物計画をスタートさせて、2020年までに、1500万基の建築物の改造装飾を完成させる。”と示した。この計画に基づいて、ヨーロッパが節約したエネルギーはおよそ3700万トンの石油に等しくて、今の値段で計算すると、約197億ドルに値する。

イギリス最大のエネルギー供給商Centricaはすでに業務方式を整頓し始めて、天然ガスの需要が減らす時に、会社が利潤を引き続き得させる狙いがある。Centrica社の責任者は、全面的に建築物のエネルギー方式を革新する提案はきわめて重要な調整で、これは基本的な断熱の工事を上手に作ることを意味して、未来に、建築物も再生エネルギーと低炭素エネルギー(microgeneration)などの技術を広く使うことを示した。”と語った。EUの方案も、“省エネルギーの建築物への投資もヨーロッパ経済の蘇りに対して重要な役割を果たしている。このために、この計画の実施を強制する必要があって、特に建築士が、低エネルギーの建築物に関する項目の履修が必要だ。”と指摘した。また、この方案は不動産所有人が悪いエネルギー効率の不動産を売り出す前に、省エネルギー改造装飾をしなければいけないと考えたが、この話題は公民の自由権を侵犯するかもしれない。他の手を焼く問題も存在している。例えば、どのようにエネルギー効率の改善程度を測定するか、およびすべてのEU加盟国に同様な目標の達成を強制するかどうかなどの問題がある。

スイス銀行の情報開示

10月 7th, 2009 by

スイスに本拠に置く世界有数の規模を持つスイス銀行(UBS)は4450個のアメリカ取引先の資料を提供して、アメリカ政府の彼らに対する脱税と秘密資産隠れの事件調査に協力することを承諾した。

元スイスの銀行法によりスイスの銀行は法的な犯罪が立証されない限り顧客の情報を開示できなくて、顧客の情報を厳格に保護して、口座番号による口座所有者の名前や住所を含む情報が一切開示されないという特徴があるために、非合法活動や犯罪を含む不法不正な報酬の受け取りや脱税に世界各国の犯罪者が利用されている。スイス銀行は、スイス政府とアメリカの国税局(IRS)は何ヶ月間の協議を経て、ようやく正式的な合意を達成した。合意によると、UBSはアメリカ税務局に約4450個のアメリカ富裕層取引先の身分資料を提供することに賛成して、合意に基づき、UBSは罰金の支払いを避ける。このニュースを公表した後、スイス政府は、金融危機時にUBSを救援するために購入した株式を売り出すことを発表した。

アメリカ当局は、これらの口座に総括180億ドルを上回る資産を含まれていると推測している。それ以外、UBSはこれらの取引先にスイスの法廷に上訴を提出することを提案して、適切な情況でアメリカ国税局の“自己申告”計画(Voluntary Disclosure Program)に参加するようと呼びかけた。しかし、アメリカ国税局は、事件にかかわった4450の取引先はこの9月23日に終わる申告計画に参加することができないと警告した。

UBS以外、スイスの政府もアメリカの要求に応じて、同類の事件にかかわる顧客の資料をその他の銀行を提出するようと要求した。アメリカ当局は多くのヨーロッパ銀行が税務に関する嫌疑がかかわっていると指摘して、その中、クレディ・スイス、チューリヒ州銀行とスイスのUBP銀行を含む。

今までスイスの銀行はずっと取引先資料を秘密守りに重視して、そのためマネー・ロンダリングや秘密の資産隠れ屋になった。アメリカ政府はもとUBSに5万2000個アカウントの資料を提示するようと求めた。しかし双方は協議を経て、4450個のアカウントで合意に達した。

複利運用できるFX業者

7月 17th, 2009 by

「複利運用」という言葉にも注目してみましょう。複利運用とは、「利益で利益を生む」という意味があり、投資効率を上げるために欠かせないテクニックなのです。たとえば、FX取引を繰り返すうちに、10万円の含み益が出たとしましょう。この10万円、あなたならどうしますか?決済して銀行口座に出金するでしょうか?FXの中級者・上級者ともなれば、含み益を決済することなく、そのまま次の取引の資金とします。証拠金に上乗せして新しいポジションを建てたり、現在のポジションにそのまま上乗せして投資効率を上げるなどしているんですね。

最近のFX業者には、このような複利運用のサービスを充実させているところが多く見られます。FXは少ない資金でも始めることが出来るというメリットがあり、レバレッジを利用することで少ない資金でも大きな取引が可能になるのですが、やはり資金が少ないままだとそれにも限度があります。少ない資金で始めたとしても、複利運用の様々なサービスを利用することによって、少しずつ投資効率を上げていくことも考えてみましょう。

複利運用のサービスは業者によって多少の違いがありますが、一定の含み益が出ると、自動的に証拠金に上乗せされるサービスなどは有名ですね。そこで、ある程度取引に慣れてきたなら、複利運用について業者に相談してみましょう。あまり納得できない内容のサービスであれば、別の業者を探しても良いですし、複利運用のサービスを充実させている業者が見つかったなら、そこでサブ口座を開設して運用を続けても良いと思いますよ。

FXには信託保全がある!

4月 14th, 2009 by

「ペイオフ」という言葉をご存じでしょうか?これは、銀行に貯金をしている人のお金を守る制度なのですが、たとえば、A銀行に1000万円の貯金をしているとします。しかしある日突然、A銀行が倒産してしまいました。ところが、あなたが預けている1000万円は国が保証してくれるのです。このように、たとえ銀行が破たんしようとも、1000万円を上限として預金者のお金が守られる制度、それが「ペイオフ」なのです。

では、このペイオフは外貨預金にも適応されるのでしょうか?残念ですが外貨預金に関してはペイオフの対象外になっています。つまり、あなたが外貨預金をしている銀行が破たんすれば、預けているお金のすべてがパーになってしまうんですね。これは困りますよね。「外貨預金にペイオフは適応されない」と法律で決まっている以上、その怒りをどこに持っていけば良いのか…

ところが、FX取引にはこのような心配は無用です。FXの場合、業者は投資家から預かっているお金を取引とは分離して管理する義務があります。つまり、たとえ業者が倒産しようともあなたが預けたお金はほぼ100%保全される仕組みになっているんですよ。このことに関しては法律で明記されていますし、政府による監視も厳しいのでまず安心して良いでしょう。

いかがでしょうか?銀行やFX業者が倒産するなど、あまり考えられる状況とは言えないかもしれませんが、それでも可能性がゼロというわけではありません。しかも、今はリーマンショックの影響でどの金融機関もアップアップしている状況ですし、いつ倒産するとも分からないのです。そのような最悪の状況になったとき、最低でも自分が預けているお金は取り戻したいですよね。もし、この点を重視して外貨投資を行いたいなら、やはりFXの方が安心だと言えるでしょう。

FXは外貨預金より手数料が安い!

4月 13th, 2009 by

外貨取引を行うとき、手数料の存在を無視するわけにはいきません。たとえば、1回の取引で1000円の利益が出たとしましょう。ところが、そこに300円の手数料がかかっているとすれば、実際の利益は700円ということになってしまいます。つまり、手数料とは利益を圧迫するものであり、また損失を拡大させてしまうとも言えるのです。これからFX取引を始める人であれば、どの業者に口座を開設するか悩むところですが、手数料を一つの目安に業者を選ぶことも大切です。それほど、手数料とは外貨取引において重要なファクターなんですね。

では、外貨預金とFX取引ではどちらのようが手数料の面でお得なのでしょうか?結論から言うと、圧倒的にFX取引の方に軍配が上がります。FX取引の手数料の安さには本当に驚いてしまいます。「スプレッド」という取引手数料に近いものは存在しているのですが、実際の取引手数料自体は無料ですし、一定回数までなら出金手数料も無料というサービスを打ち出している業者もあります。一方、外貨預金の手数料はFXと比較すると驚くほど高いレベルに設定されています。スプレッドというシステムが存在していないのも一つの理由ですが、それにしても高いレベルになっているんですね。FXで外貨取引をしている人であれば、「いまさらそんなに高い手数料で取引できるか!」と怒る人が出てきそうなほど高いレベルだと思ってください。外貨預金の世界からFXに引っ越しする人が増えているのは皆さんもご存じだと思いますが、その最も大きな理由の一つがこの「手数料」なのです。

最近では取引手数料を安く設定する外貨預金のプランも登場していますが、それでもFXの世界と比べるとまだまだ高いレベルで推移しています。つまり、細かい取引をするのならば絶対にFXの方がお得だと言えるでしょう。

FXは外貨預金より取引スピードが速い!

4月 12th, 2009 by

「取引スピード」、これも投資家の皆さんにとっては大切なポイントです。取引スピードとは、売り買いの決断をしてからそれが実際に約定するまでのスピードのことです。たとえば、円が下落してその反動が予想されるタイミングが近付いているとします。このような状況では、反動が始まった直後に円を買いたいですよね。つまり、「細かいタイミングでの取引が重要な局面」と言えるのです。しかし、このような状況でいつまでたっても約定しないならイライラしてしまいます。なにせ、反動でどんどん円が上がっているんですよ。一刻も早く円を買わないと、せっかくの利益分がどんどん縮小してしまいます。

外貨預金の取引スピードはFXと比較してそれほど速くありません。つまり、上記のようなタイミングでの細かい取引が難しいと言えるのです。それに不満を感じる人は多く、そこに目をつけたFX業者は徹底した取引スピードの充実を打ち出しました。最近は外貨預金からFXの世界に引っ越しする人が増えていますが、やはり外貨預金の取引スピードの遅さに不満を感じていた人が多い証拠とも言えるでしょう。ただし、それで外貨預金が黙っているわけではありません。ネットワークとサーバを強化して、FXにも負けないほどの取引スピードを売りにしている業者もいます。しかし、それでも取引スピードという点ではFX業者の方に軍配が上がるでしょう。FX業者は独自のサーバを開発したり、強いサーバでシステムを維持したりなど、取引スピードの重視したサービスを今でもどんどん進めているんですね。

FXと外貨預金、金利はどちらが良いの?

4月 10th, 2009 by

FXや外貨預金など、為替取引を始めるのであれば、絶対に注目するべきポイント、それが「金利」です。なぜ外貨が注目されているのかと言えば、それはずばり日本が超低金利政策を取っているからです。日本の現在の政策金利は約0.1%であり、100万円を日本の銀行に預けても1年間で受け取れる利息はわずか1000円ほどです(政策金利は0.1%ですが、銀行金利は各銀行によって多少の違いがあります)。いかがですか?このような低金利だと、日本で貯金をする意味はありませんよね。そこで、為替変動の多少のリスクはあるのですが、世界の高金利の通貨を保有することでその利息を受け取ることが人気なのです。

では、外貨預金とFX、どちらの金利が有利なのでしょうか?どうせなら少しでも高い金利を打ち出している方を選んでおきたいですしね。一般的には、外貨預金よりもFXの方が金利が高いとされています。もちろん、金利に関しては各業者や銀行にある程度の自由がありますので、業者によっては外貨預金の方が金利が高いケースもあります。しかし、ほとんどのケースではFXの方が金利面では有利だと言えるでしょう。

ではなぜFXの方が金利面でお得なのでしょうか?いくつかの理由が考えられますが、やはり外貨預金の市場にいる顧客をFXの市場に持っていきたいという業者の「心意気」が最も大きな要因だと考えられます。FX商品は主に証券会社が取り扱っています。一方、外貨預金は主に銀行が取り扱っています。つまり、銀行にいる顧客を証券会社に移動させたいという気持ちが強く働いているんですね。まぁ、どちらにしても私たちにはあまり関係がないことですので、金利面を重視して投資をするならFXの方がお得かもしれません。

外貨預金とFX

4月 8th, 2009 by

FXを始める人の中に、「外貨預金」との違いについていまいち知らない人も多いと思います。FXと外貨預金はどちらも「外貨」を対象とした投資ですし、その違いについて詳しく知ることは難しいものです。しかし、FXと外貨預金とは全くの別物であり、その違いを知ることでご自身がどちらの投資方法を選ぶべきかが見えてくるのです。そこで、まずはFXと外貨預金の違いについて勉強してみましょう。

外貨預金は、外貨を扱っている金融機関で取引をすることが出来ます。自分のお金で直接、外貨の売り買いを行う方法ですね。たとえば、あなたの100万円で1万米ドルを購入したとします(100円=1米ドルとして計算)。では、この1万ドルは誰のものでしょうか?おかしな質問ですが、その1万ドルはあなたのものです。当然ですよね。あなたの100万円で購入したのですから。しかしFXの場合、あなたの100万円は「担保」としてFX業者に預けておきます。そこであなたは業者に取引の命令を下すわけです。「今、100万円で1万ドルを買ってください!」みたいな感じです。その1万ドルはあなたの命令で買われたものですが、実際に買ったのはFX業者です。つまり、1万ドルはあなたのものではなく、この時点では業者のものなんですね。そこで、売り買いの命令をどんどん出していって、利益が出れば預けておいた100万円に上乗せされ、損失が出ればその100万円から差し引かれるという仕組みです。

いかがでしょうか?FXではあなたのお金は預けるだけで、実際の売買には使われていません。あなたが行うのはあくまでも命令だけで、実際の取引ではないのです。別の言葉で言いかえれば、あなたのお金で取引する外貨預金は「直接売買」、あなたのお金を担保に取引の命令を下すFXは「間接売買」ということになります。ちょっと難しいかもしれませんが、この違いについてはしっかりと理解しておきましょう。